さぽろぐ

  日記・一般  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


インフォメーション


QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人
プロフィール
カヤニファーム
カヤニファーム
稚内上勇知のたまご屋さん。
~暮らしを支える
    普段づかいとして~
安心して食べられる安全なものを・・・。
抗生物質や薬などを使用せず、鶏本来の免疫力を養い健康な雌鶏がうむ卵です(地方発送可)。
・E-mail
kaayani.farm@gmail.com
最北に暮らす › 2009年04月

スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2009年04月17日

どんどん。

ようやく雪がとけた農道を散歩すると
やなぎが芽吹いていた
数日前からはエゾアカガエルの大合唱がはじまり
卵も発見
ハクチョウの渡りも活発になり
ヒバリが戻ってきた
小川は雪解けで増水し
牧草地は日に日に青くなっていく


でも我が家周辺でフキノトウが見つからない・・。
フクジュソウやエゾエンゴサクのような柔らかい草本は牧草地沿いでは難しいようで
せっかくフキ味噌づくりを楽しみにしていたのに~残念(T_T)

 そんな中、すっかり大きくなったヒヨコたち。

40日目。

小さい鶏といったところでしょうか。

びよん、びよんとはね回り、エサやりの時は足元から離れない。

卵を産むのはまだまだ先。

それにしてもいつも以上に健康的に元気に育ちました。



 4月からはじめたシラカバ樹液。

やはりシラカバは4月がいいらしく採取量が好調。

だけどカエデよりも糖分が少ないのでシロップにするのは一苦労(^^;)
カエデ以上に貴重な一滴。
はちみつのように種類によって味が違うので
それもまた格別。





 傷有りのりんごを大量にいただいたので、せっせとリンゴジャムにしました。

保存用にするため砂糖を多めに。

残りはリンゴチップ、ワイン煮、甘煮・・・
甘くないレシピはないのか・・・


日々、実験中icon28
雪解けのペースに合わせ、つくり育てる春はとても忙しい。
  

Posted by カヤニファーム at 09:57Comments(6)鶏さん

2009年04月08日

春のしずく

あまりの暖かさに我が家の犬たちは溶けています(^^;)
だけど急激な雪解けで地面はぐちゃぐちゃ、昼寝場所を確保するのは難しいよう・・。

雪解けとともに現れる地面やら畑やら。
剪定しなければと思いつつ、そっと雪の下に見送った果樹が姿を現し始めてしまった・・。
草の勢いが増す前に整えておかないと大変だぞ~face10

-------------

昨年は機会を逃してしまった『樹液採取』。
アイヌの人々も春の恵みとしていただいたとか。
今年はちょっと遅れ気味ながらスタートした。
3月のうらうら~とした陽気の時に始めれば良かったけれど、
はっ!と気づいた時は3月下旬。

とりあえずイタヤカエデとオニグルミに小さい穴を空けてみた。

カエデは数本から採取。

1週間近く採取してどのくらい採れたかな?

薪ストーブでほぼ1日・・・じわ~と蒸発する甘いにおい( ̄。 ̄)

貴重・・・。
あまりに貴重な約100mlのメープルシロップができあがりました(^o^)


春の芽吹きに合わせて木が一気に吸い上げる水分はまさに生命のしずく。

ありがたくいただきます。

その後カエデは芽吹きの準備ができたのか採取できる樹液も少なくなりました。

これからは白樺がいいようです。

また小さい穴をあけました。



樹液で飲む珈琲。
これもまた豊かな春の営みicon38

  

Posted by カヤニファーム at 10:49Comments(2)日々の生活