さぽろぐ

  日記・一般  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


インフォメーション


QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人
プロフィール
カヤニファーム
カヤニファーム
稚内上勇知のたまご屋さん。
~暮らしを支える
    普段づかいとして~
安心して食べられる安全なものを・・・。
抗生物質や薬などを使用せず、鶏本来の免疫力を養い健康な雌鶏がうむ卵です(地方発送可)。
・E-mail
kaayani.farm@gmail.com
最北に暮らす › 2013年10月15日

スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2013年10月15日

手が止まりません

最高気温が一ケタになるようになった稚内。

10月上旬、数日のうららかな日を最後に寒さが増して、すっかり秋ぼちぼち冬・・。
夏は短い、と思うのも今頃。これから根雪になる1ヶ月半前後がとても寒く感じる季節なのです。
雪が降るとあきらめがつくのか体が寒さになれてくるのか、冬なりの楽しみを探したりして。

今年の夏から秋、野のもの山のもの、たくさんの恵みがありました。
山暮らしが板についてきたのか旬を逃さなくなり、忙しい日々の中で、そろそろかな・・?と野イチゴやらコクワやら山ブドウやら・・・。畑の作物も同時に収穫するのでパタパタとリスのようにせわしない。けれどやっぱりこういう暮らしが好きだったのかと、改めて思います。

冷凍した野イチゴ。今年は実付きがよくなかったのでしょうか。実も小さく、花開かず蕾のまま終わってしまうものを多くみかけました。

同じ場所を「畑」にしている方がいて、数日置けば取り残しや大きく実ったものに出会えたりします。

ジャムづくりにかかせない、作るのを楽しみにしているのがコレ。

すもも。

家まわりに植えて先人も貴重なくだものとして利用したのでしょうか。
かつて家や建物があった場所、今も建物脇には必ずといっていいほど植えられています。


こくわ







今年は大豊作の山ブドウ
















こくわはジャムとはじめて作るこくわ酒、山ブドウはジュースとジャムになりました。
とにかく野菜でもくだものでもたくさんあればジャムにしたい、とここ最近は追い立てられるように作ってるわけです。「砂糖を何パーセントいれれば?」「このとろみでいいだろうか?」と実験的に楽しんだ結果、棚にはずらっと瓶詰めが・・・。

今年の秋サケが少しずつ冷凍庫にストックされ、何にしてやろうかと悩みます。
この楽しみの結果は次回に。



  

Posted by カヤニファーム at 11:52Comments(0)つくりもの