さぽろぐ

  日記・一般  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


インフォメーション


QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人
プロフィール
カヤニファーム
カヤニファーム
稚内上勇知のたまご屋さん。
~暮らしを支える
    普段づかいとして~
安心して食べられる安全なものを・・・。
抗生物質や薬などを使用せず、鶏本来の免疫力を養い健康な雌鶏がうむ卵です(地方発送可)。
・E-mail
kaayani.farm@gmail.com
最北に暮らす › 2014年12月26日

スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2014年12月26日

書き続けていると・・・

師走だからでしょうか?
なんとなく今まで書いてきたものをボンヤリと読み返しています。
書くことは好きです。
だんだんと頭の中が整理されていくのがわかります。

つたない文章、意味が通じていないということがありませんように・・・( ;∀;)

たまごパック賞味期限の紙の裏、いつものです( *´艸`)

以下:
================


『賞味期限の裏に』


2010年からたまごパックの賞味期限用紙裏に日々のこと、たまごのことを隔週程度で書いていました。最近97号になりもうすぐ100号を前にして、なんとなく過去の記事を読み返してみました。280文字前後でわが家の農的暮らしをぎゅっと詰め込んでお伝えするのは難しいですが、創刊号から捨てずに置いてあります、次回を楽しみにしてます、とお客様の声をいただくと励みになり、こういう積み重ねが大切だと実感しています。

****************

たまごのこと、なんでも vol.2
 最近までの暑さと湿気は家族はもちろんニワトリもすっかりバテてしまいました。メディアでもウシ何百頭、鶏何千羽と家畜の夏バテによる死がニュースになっています。そんな時、「桜か青草の風味がするけどエサ変えた?」と友人から連絡が。桜!なんて風情のある優雅な響き!あるなら食べてみたい・・・。ちょうど家のまわり中刈った草をニワトリに与え1週間くらいの頃でした。我が家では普通になっているこの卵。久しぶりに口にした友人はゆっくり味わってくれたのでしょう。普通ゆえにささやかな風味の違いに鈍感になっていたかもしれません。気づかされる日々です。(2010.9.3)


たまごのこと、なんでも vol.12
 3日前は22.6℃、2日前は21.9℃、昨日はなんと26.9℃と確実に氷点下の記録を更新か・・・とドキドキしていたら今朝は久しぶりの積雪とちょうど良い?気温のおかげで「さむっ!!」と起きずに済みました。日本海側の例年にないドカ雪が各地で事故を引き起こしています。そんな中、稚内は例年並みかもしれません。除雪は難儀ですが、低い気温よりマシと思うのは私だけでしょうか。あまり気温が低いと、産んで温めず放置された(産卵箱に産まずそのへんに)卵が凍る場合があります。これはもう売り物になりませんが、もし買ったばかりなのに白身が水っぽい・・・なんて時はお知らせください。まめに拾っていますが凍った・・・かもしれません。(2011.1.31)


たまごのこと、なんでも vol.42
ようやく・・・やっと庭のクロッカスがつぼみを開きました。この冬ほど春はまだか!と恋い焦がれた年はありませんでした。わが家奥に広がる牧草地はまだ厚い雪に覆われています。このところのプラス気温はとてもうれしいですが、こまったこともあります。残る雪が多すぎて、一度溶け出すと家周辺は水没状態。庭は日中現れる雪解け水の池の底。せっかく咲いたクロッカスも水没します。大丈夫なのか・・・と何も出来ず見守るばかり。わが家は家を中心に広がるすり鉢状のいわば底の部分。いくらでも水が溜まるのです。このすり鉢をひっくり返すことが出来れば・・・いいですね。(2012.4.19)


たまごのこと、なんでも vol.50
周辺牧草地の2番草の刈り取りが終わった。スッキリした牧草地は牧草ロールが点在するせいか、より広がりを見せている。ついプラプラと歩いていきたくなる風景だ。朝方、寒い・・・と感じるようになったのは9月に入ったせいでしょうか。昼間、サンサンと暑い日はよけいに夜冷え込みます。残暑という言葉でくくって良いものか悩む時期です。 2010年7月からボチボチ書いていたこのコラムもなんと50号を迎えました。2年と少し。もう少し話の幅を広げたいな、専門的なことでも書こうかと思いながら、ついありふれた日常を綴っています。(2012.9.09)


たまごのこと、なんでも vol.68
 長いこと雨知らずだった大地にようやく恵みの雨が降りました。おかげで草は伸び放題。あいかわらずの草刈り作業です。ですがキュウリは瑞々しく、だいこんは気落ち良さそうに葉を茂らせています。そして月も変わり8月。まだまだ夏、そう思いながら気分は一段落しているよう。お盆まで2週間。7月中旬ごろからは野の花が秋の気配になり、わが家の庭には大好きなクサフジが花を咲かせています。この辺では道路脇などにたくさん見られますが、夏の花のような華やかさはないけれどこの時期の花は何かほっとさせてくれる優しさがあります。その佇まいに出合うとふと立ち止まりたくなるのです。(2013.8.2)


たまごのこと、なんでも vol.85
わが家ではカッコウが鳴きはじめ、様々な野鳥のさえずりを楽しめる季節になりました。畑作業、草刈り、鶏舎の仕事など外仕事を1日していると誰にも会わない、という日も・・・。そういう時は時間の経つのが早いですね。時折、列車の走る音が聞こえて、これは普通列車、これは特急、と音で通過を認識します。
10日ほど前、家の近くにとうとうアライグマが現れました。以前からうろついていたのかもしれません。しっぽのシマシマがはっきりと確認できました。畑にも現れず、鶏小屋を壊されることもなくやってきましたが、そろそろ注意が必要です。(2014.6.6)
  

Posted by カヤニファーム at 10:12Comments(0)鶏さん