さぽろぐ

  日記・一般  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


インフォメーション


QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人
プロフィール
カヤニファーム
カヤニファーム
稚内上勇知のたまご屋さん。
~暮らしを支える
    普段づかいとして~
安心して食べられる安全なものを・・・。
抗生物質や薬などを使用せず、鶏本来の免疫力を養い健康な雌鶏がうむ卵です(地方発送可)。
・E-mail
kaayani.farm@gmail.com
最北に暮らす › 2014年12月

スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2014年12月26日

書き続けていると・・・

師走だからでしょうか?
なんとなく今まで書いてきたものをボンヤリと読み返しています。
書くことは好きです。
だんだんと頭の中が整理されていくのがわかります。

つたない文章、意味が通じていないということがありませんように・・・( ;∀;)

たまごパック賞味期限の紙の裏、いつものです( *´艸`)

以下:
================


『賞味期限の裏に』


2010年からたまごパックの賞味期限用紙裏に日々のこと、たまごのことを隔週程度で書いていました。最近97号になりもうすぐ100号を前にして、なんとなく過去の記事を読み返してみました。280文字前後でわが家の農的暮らしをぎゅっと詰め込んでお伝えするのは難しいですが、創刊号から捨てずに置いてあります、次回を楽しみにしてます、とお客様の声をいただくと励みになり、こういう積み重ねが大切だと実感しています。

****************

たまごのこと、なんでも vol.2
 最近までの暑さと湿気は家族はもちろんニワトリもすっかりバテてしまいました。メディアでもウシ何百頭、鶏何千羽と家畜の夏バテによる死がニュースになっています。そんな時、「桜か青草の風味がするけどエサ変えた?」と友人から連絡が。桜!なんて風情のある優雅な響き!あるなら食べてみたい・・・。ちょうど家のまわり中刈った草をニワトリに与え1週間くらいの頃でした。我が家では普通になっているこの卵。久しぶりに口にした友人はゆっくり味わってくれたのでしょう。普通ゆえにささやかな風味の違いに鈍感になっていたかもしれません。気づかされる日々です。(2010.9.3)


たまごのこと、なんでも vol.12
 3日前は22.6℃、2日前は21.9℃、昨日はなんと26.9℃と確実に氷点下の記録を更新か・・・とドキドキしていたら今朝は久しぶりの積雪とちょうど良い?気温のおかげで「さむっ!!」と起きずに済みました。日本海側の例年にないドカ雪が各地で事故を引き起こしています。そんな中、稚内は例年並みかもしれません。除雪は難儀ですが、低い気温よりマシと思うのは私だけでしょうか。あまり気温が低いと、産んで温めず放置された(産卵箱に産まずそのへんに)卵が凍る場合があります。これはもう売り物になりませんが、もし買ったばかりなのに白身が水っぽい・・・なんて時はお知らせください。まめに拾っていますが凍った・・・かもしれません。(2011.1.31)


たまごのこと、なんでも vol.42
ようやく・・・やっと庭のクロッカスがつぼみを開きました。この冬ほど春はまだか!と恋い焦がれた年はありませんでした。わが家奥に広がる牧草地はまだ厚い雪に覆われています。このところのプラス気温はとてもうれしいですが、こまったこともあります。残る雪が多すぎて、一度溶け出すと家周辺は水没状態。庭は日中現れる雪解け水の池の底。せっかく咲いたクロッカスも水没します。大丈夫なのか・・・と何も出来ず見守るばかり。わが家は家を中心に広がるすり鉢状のいわば底の部分。いくらでも水が溜まるのです。このすり鉢をひっくり返すことが出来れば・・・いいですね。(2012.4.19)


たまごのこと、なんでも vol.50
周辺牧草地の2番草の刈り取りが終わった。スッキリした牧草地は牧草ロールが点在するせいか、より広がりを見せている。ついプラプラと歩いていきたくなる風景だ。朝方、寒い・・・と感じるようになったのは9月に入ったせいでしょうか。昼間、サンサンと暑い日はよけいに夜冷え込みます。残暑という言葉でくくって良いものか悩む時期です。 2010年7月からボチボチ書いていたこのコラムもなんと50号を迎えました。2年と少し。もう少し話の幅を広げたいな、専門的なことでも書こうかと思いながら、ついありふれた日常を綴っています。(2012.9.09)


たまごのこと、なんでも vol.68
 長いこと雨知らずだった大地にようやく恵みの雨が降りました。おかげで草は伸び放題。あいかわらずの草刈り作業です。ですがキュウリは瑞々しく、だいこんは気落ち良さそうに葉を茂らせています。そして月も変わり8月。まだまだ夏、そう思いながら気分は一段落しているよう。お盆まで2週間。7月中旬ごろからは野の花が秋の気配になり、わが家の庭には大好きなクサフジが花を咲かせています。この辺では道路脇などにたくさん見られますが、夏の花のような華やかさはないけれどこの時期の花は何かほっとさせてくれる優しさがあります。その佇まいに出合うとふと立ち止まりたくなるのです。(2013.8.2)


たまごのこと、なんでも vol.85
わが家ではカッコウが鳴きはじめ、様々な野鳥のさえずりを楽しめる季節になりました。畑作業、草刈り、鶏舎の仕事など外仕事を1日していると誰にも会わない、という日も・・・。そういう時は時間の経つのが早いですね。時折、列車の走る音が聞こえて、これは普通列車、これは特急、と音で通過を認識します。
10日ほど前、家の近くにとうとうアライグマが現れました。以前からうろついていたのかもしれません。しっぽのシマシマがはっきりと確認できました。畑にも現れず、鶏小屋を壊されることもなくやってきましたが、そろそろ注意が必要です。(2014.6.6)
  

Posted by カヤニファーム at 10:12Comments(0)鶏さん

2014年12月21日

大玉のころ

たまご屋さんとしては暖冬だと助かるのですが・・・。
今年の稚内、どうなるかな(@_@。

冬、雌鶏の産卵数は夏場に比べて下がります。
寒さの中、たくさんエサを食べ体を維持することを優先させるためです。

若鳥で初子を産むころ、たまごはとても小さく、徐々にサイズが安定してMサイズ前後になってきます。さらに年数が経つとL、LLサイズと大きくなっていきます。だんだん年間産卵数も減っていきますが、特にちょっと先輩の雌鶏はたまごがBig!

一度大きく産むようになると小さいたまごをその後産むことは出来ません。

カヤニの6個入にはLLサイズ(70~76g)まで規格サイズとして入れていますが、これ以上はパックサイズにも合わず今のところ自家用か大玉の好きな方に販売しています。

双子たまごをください!というお客様がごくたまにいらっしゃいます。
殻の外からはわからず超大玉を差し上げて「もしかしたら・・」とお伝えしていますが、さて中身は(^-^;

暗い部屋でライトを当てるとわかることもあります。
または全体的にとんがった形のもの。
最近は形状が揃っているのでなかなか見つからないかもしれませんね。




  

Posted by カヤニファーム at 23:20Comments(0)鶏さん

2014年12月18日

いつもの^^;

数年に一度の猛吹雪、と言われてかなり身構えてしまいましたが・・・^^;、吹雪いてみると、前の吹雪の方がすごかったとか、クロネコヤマトのトラックも来たしとか、まだ視界ある方とか、とりあえずどういう状況かを過去の記憶をたどって、アアデモナイコウデモナイと考えながら家にいました。

鶏舎のドアは飛ばないだろうか、アンテナ吹っ飛んでいくかな、と考えても、モウレツに吹雪くとなるようになれと思うもの。自然まかせ、ゆるゆると委ねます。

ゆるゆるできないのがわが家の坊5歳。
スゴイ吹雪を見ながら〇〇のところに行きたい、〇〇と遊ぶ、と大暴れ。

じゃあ、と猛吹雪の中いつも通りの雪遊び( *´艸`)
暖気だったので当たる雪がイタイイタイ・・・。

薪小屋の屋根に登る



頂上目指す

登頂!

こんな吹雪でした(^^ゞ


  

Posted by カヤニファーム at 22:08Comments(0)日々の生活

2014年12月10日

後姿

師走でございます( *´艸`)
忙しいでございます~。。。
楽しいこともいっぱいあるんですけどね。

今週末に控えた坊5歳が通うゆうち保育所のおゆうぎ会。園児の少ない保育所は園児それぞれモリモリ役を覚えて頑張ってます。もちろん父ちゃん母ちゃんも、自分らの出し物気合い充分(^。^)y-.。o○

総練習のひとコマ。

楽しい会話聞いてみたいような、
見てるだけでいいような、
男3人衆。



  

Posted by カヤニファーム at 13:40Comments(0)日々の生活

2014年12月10日

仕切り直し

お友達から手作りクッキーをいただきました。

もうずっと作ってないなぁ・・・お菓子やらパンやら。
てまひまかけて手作りして、日々を豊かにするつくりモノ。
以前は毎日パンを焼いていて配合を微妙に変えてはノートに書き留めてを繰り返していました。シフォンケーキは1日に3台、4台焼くこともあったり。
遠き楽しき日々( ;∀;)

なんでもかんでもやっつけで、ボチボチ仕切り直したいなと思います。そういう時期がきているな、とも思います。ブログに書くことも報告みたいなものばかりで日々思うこと、考えることを書く時間も余裕もなく。

さーてさて出来るかな?
仕切り直しする!決意表明だー♪



  

Posted by カヤニファーム at 13:34Comments(2)日々の生活

2014年12月10日

ゆでたまご!

衝動買いはしない、ように日々頑張っている( *´艸`)んですが、こういう小道具はたま~に買いたくなります。
取説どおりにやってみました。

まずたまご、エッグタイマーを鍋に入れ、ひたひたの水を注ぎます。その後中火にかけ沸騰を待ちます。

黄身の固さに合わせてエッグタイマーの外側から白くなっていくというモノ。この状態で中身を出すと半熟には程遠くダラ~っとでてきちゃいます。ここから弱火、一応時間もはかります。

ウッカリ!半熟が良かったのですが見逃しました( ;∀;)「MEDIUM」の文字をかなり過ぎて白くなってます。ここで9分。

急いで火を止め冷水で冷やします。しばらくするとエッグタイマーが黄色に戻りました。

殻をむき、切ってみました。さっきまで半熟でした、というようなホンノリ柔らかな中心部。けどほとんど完熟です。エッグタイマーを見続けていればいいのかもしれません。やっぱり私には時間でつくる方がいいかな・・(;´∀`)
9分で火を止めましたが8分くらいで止めればタイマーどおり半熟になりそうです。


わが家では、
沸騰後弱火で、
超半熟 5分、半熟7分、完熟9分半です。

お試しあれー!
  

Posted by カヤニファーム at 12:10Comments(0)鶏さん

2014年12月10日

やっとこさ

家の中のことを考えるようになると、少しは余裕が出来てきたなと思うこのごろ。とにかくシーズン中は出っ放し、やりっぱなし、やっつけが多くて、ナンダカカンダカ・・・。

「そこには何もない」、と視界から削除し続けてきたことにようやく目を向け家のあれこれを片付けています。もしかしてこれが年末の大掃除なんでしょうか(*´Д`)

で、漫画いがらしみきお著「ぼのぼの」に登場する「しまっちゃうおじさん」が原作を読んでいるころから好きです。主人公ぼのぼのの妄想を止める役として登場しますが・・・・、(@_@。って、つまりしまう、と決めたらしまっちゃうおじさんの如くいつでも動ける方ですが、今年は出来なかった・・ということですm(__)m 年内頑張ろう~。



  

Posted by カヤニファーム at 11:43Comments(0)日々の生活

2014年12月02日

たまごのこと、なんでも vol.96

あわわ・・・(;゚Д゚)
稚内、とうとう荒れてきました。
冬本番!

最近、産卵が少なく店頭に並べられず、カヤニ卵が幻状態に・・・。ご迷惑おかけしました。
12月は卵の需要が増える時。出来る限りお店に、お宅に、お届けしようと思います。

以下、たまごパックのつぶやきです。

******

たまごのこと、なんでも vol.96

この10日ほど少しずつ産卵が回復してきました。
思ったより暖かい天候が良かったのか
エサを多めに与えたのが良かったのか、
正直わかりません。
ただ言えるのは鶏たちにも個性があるということ。
同じ時期に迎え、
同じように育てても同じような鶏にならず、
思うようにいかないようです。
子育てと同じですね。
けれど品薄状態が続き本当に申し訳なく思っています。

鶏舎の鶏の水入れに薄く氷が張るようになりました。
鶏は飲みたいとき氷をつつきます。
さらに寒くなれば、入れ物を逆さまにすると
ボコッと氷の塊が落ちる状態になります。
毎朝氷の塊を外に捨てて、新しい水を入れてやります。
出来ればこの作業もう少し後にしたいものですが。
(2014.12.1)
  

Posted by カヤニファーム at 14:40Comments(0)