さぽろぐ

  日記・一般  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


インフォメーション


QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人
プロフィール
カヤニファーム
カヤニファーム
稚内上勇知のたまご屋さん。
~暮らしを支える
    普段づかいとして~
安心して食べられる安全なものを・・・。
抗生物質や薬などを使用せず、鶏本来の免疫力を養い健康な雌鶏がうむ卵です(地方発送可)。
・E-mail
kaayani.farm@gmail.com
最北に暮らす › 2016年03月31日

スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2016年03月31日

思い出を胸に

6歳坊が今月26日に無事卒園。
あんなこと、こんなこと(^^)
入園した日があまり昔でなく、通いなれた場所に行かなくなる寂しさ。

6歳になり急に体が大きくなって、
弟が出来てからはさらにしっかりしてきて、
そんなに早く成長しなくていいのにな、
いつまで母ちゃんと呼んでくれるのかな、としんみり。

4家族という少ないPTAで協力し合い、
花壇に何を植えるか、
親子遠足の弁当はどうするか、
お遊戯会の親の出し物はどうする?練習間に合わない!

なんていうやりとりもつい昨日のことのようで。

「かあちゃん、なかなかった!」
と卒園式に涙しなかったことに、ちょっと不満げな6歳坊。

送る言葉を大きな声ではっきりと、
いくつものお別れの歌をふざけず高らかに歌い、
親との最後の握手もしっかりと行った。



涙で目がうるんだら、
その姿が見られないじゃない。



卒園式と同時に行われた休所式。
ゆうち保育所52年の歴史に幕を閉じる。
卒園していった園児は281名。
6歳坊は280人目の卒園児。

昼間に聞こえていた賑やかな声はもう聞こえないけれど、楽しかった思い出いっぱいの場所。
地域の学校もこの3月で100年の歴史をもって閉校。
地域活動を支える2つの集いの場がなくなった。

時代の流れなのでしょうか?
それとも何か新しく始める時期なのでしょうか?


前進あるのみ。

常に明日に向かって過ごしていこう。


落ち着きのない6歳坊を3歳から見守ってくださった先生、ゆうち保育所、大変お世話になりました。
ありがとうございます。

そしてまた、
ゆうち保育所に賑やかな声が戻ることを願って。






  

Posted by カヤニファーム at 23:16Comments(0)自然育児日々の生活