さぽろぐ

  日記・一般  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


インフォメーション


QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人
プロフィール
カヤニファーム
カヤニファーム
稚内上勇知のたまご屋さん。
~暮らしを支える
    普段づかいとして~
安心して食べられる安全なものを・・・。
抗生物質や薬などを使用せず、鶏本来の免疫力を養い健康な雌鶏がうむ卵です(地方発送可)。
・E-mail
kaayani.farm@gmail.com
最北に暮らす › 2016年04月

スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2016年04月29日

熊本地震

4月14日の地震発生以来、今なお余震の続く九州。
被災された方々はとても大きな不安の中生活されています。みなさまの笑顔が早く戻りますように。

何か自分に出来ることを、と考え、先週からつながる団体を通して卵を送りました。ただ今は生鮮食品よりすぐに利用できるもの、日持ちのするもの、生活消耗品、水、など様々です。毎日、必要なものは地域や避難所によって変わります。卵は事前確認し、現地にキッチン道具を持ち込んで向かう炊き出しボランティア団体や九州を含む全国にネットワークがある災害教育に関わる民間有志団体に送りました。

卵を送っていることを知り、宗谷管内に住む方が支援金を持ってきてくださいました。
九州に送る送料として使わせていただきます。
大変感謝いたします。

◆送り先
(現在、どちらも必要な支援物資のみ受け付けています)

一般社団法人RQ災害教育センター 
http://kyushu.rq-center.jp/

災害救援ネットワーク北海道  
http://mouth-mountain.greenwebs.net/


  

Posted by カヤニファーム at 22:18Comments(0)その他鶏さん

2016年04月27日

稚内珪藻土

稚内珪藻土ってあるのです。
珪藻土は植物性プランクトンが海底などに堆積して、長い年月をかけて化石化した天然鉱物。
体に優しい自然素材なので珪藻土の壁はあこがれます。
その珪藻土がここ稚内でとれるのです。

市内にある『稚内グランドホテル』さんにこの稚内珪藻土で仕上げた壁のお部屋があると聞き、家族で泊りにいってきました。温泉泉質も良くとても温まります(^_^)
お部屋のベットは子連れでも大丈夫なようにベットをくっつけられたり(川の字!)、珪藻土の調湿効果、やさしい風合いでリラックス。食事はおふくろ和食フルコースバイキング!体が朝から整います。

個人、家族で旅行する方が増え、利用される方が少しずつ増えているそうです。

ちょうど名古屋からいらっしゃっていた方とお話をし、暮らす地域にこれだけの温泉があるのは羨ましいと言っていました。名古屋から温泉に行きたいときは4時間ドライブして長野に行くのだとか!しかも日帰りなのだそう・・。

観光でいらっしゃる方はもちろん、
地元に住む方にもオススメですよ。
確かになんかちょっと贅沢でした( *´艸`)






  

Posted by カヤニファーム at 13:47Comments(0)おでかけその他

2016年04月24日

紹介されました(^_^)

北海道新聞留萌宗谷版で紹介していただきました。

自分の取り組みを紹介していただけたこと、とても嬉しいです。そして試行錯誤してるうちに8年も経っているんだ~と改めて納得。
頑張るぞ~~~(^O^)/

ありがとうございます。



  

Posted by カヤニファーム at 21:38Comments(2)鶏さん

2016年04月12日

まよね~ず

半農半Xでいうなら、カヤニファームは半農半自然学校。

農が自然卵養鶏のカヤニファーム、
自然学校は夫が主宰するゆうち自然学校。
それぞれがそれぞれを支える小さな家族経営です。

小学校の春休みに合わせて開催した2泊3日のキャンプで、たまごかけごはんが食べた~い、ゆでたまごが食べた~い、という声はいつものことだけど、「マヨネーズ作って!持って帰りた~い!」は初(^_^) 

6年男子のリクエストに喜んで(嬉しくて)応えました。

最近は忙しくて手作り調味料から遠ざかってますが、やっぱり作りたてほやほやのマヨネーズは美味しいです。
たまご特有のにおいの少ないカヤニの卵にはマヨネーズはピッタリです(^^ゞ

ゆうち自然学校プロジェクト→
http://yuchi-ns.at.webry.info/



  

Posted by カヤニファーム at 21:16Comments(0)つくりもの

2016年04月04日

リニューアル!

一足早く、紙パッケージではイベントにてお披露目しましたが、今月から卵パッケージが変わります!

にわとり本来の生活環境を大切に。

土間を自由に歩く平飼い、薬剤を使わず成分強化や栄養補助のための添加物を使用しない、100%北海道産飼料。かつて庭先で飼われていた鶏の卵の味わいに近づけたくて、あれこれ試行錯誤して8年目。

宗谷の気候風土に合わせて、ここの自然素材を飼料とし、少しずつ地域の味に育っていきますように。
地元の方に食べてもらい、お土産に持たせたい、大切な方へ贈りたい、そう思ってもらえるような卵に。

1年前、ずっと気になっていたことをお世話になっている店舗社長が指摘してくれました。

-地域性をもっとだした方がいいよね。

鶏の健康面、栄養面を考え、昨年夏から飼料として与えていた利尻昆布と、スタート当初から与えていた宗谷近海の鮭(市内HACCP水産工場からの残渣。でも身がいっぱい残ってる!)。
鶏にとっても、卵にとっても、良いものを、と選んできたものは宗谷を代表する海産物でした。

さらに、これらはコクと旨味を引き出し、特に鮭からは今注目の栄養素(※アスタキサンチン 詳しくは次回以降の投稿にて)まで!

もちろん昆布や鮭の味がするわけではありません(^^ゞ


  『宗谷のしおかぜたまご』


これからもまたよろしくお願いいたします。
そしていつもありがとうございます。



  

Posted by カヤニファーム at 23:31Comments(0)鶏さん

2016年04月04日

保養

保養のため、福島市といわき市から小学4年生と6年生の子どもたちが道北を訪れました。
年に数回、保養のために各地に短期滞在しているとのこと。とても賑やかな3人組でした。

お隣豊富町に滞在し、宗谷岬へ向かう途中カヤニファームへ。拾った卵でさっそくTKGを堪能(^_^)

Hくんの実家は農家だそうで、将来は放牧酪農をやりたい夢があり、とても農業全般に詳しくビックリ!

みんなの夢、応援します(^_^)

受け入れ場所のFacebookページ
『エベコロベツ自給のむら』
https://www.facebook.com/jikyuunomura.hokkaido/?fref=ts



  

Posted by カヤニファーム at 22:41Comments(0)その他