さぽろぐ

  日記・一般  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


インフォメーション


QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人
プロフィール
カヤニファーム
カヤニファーム
稚内上勇知のたまご屋さん。
~暮らしを支える
    普段づかいとして~
安心して食べられる安全なものを・・・。
抗生物質や薬などを使用せず、鶏本来の免疫力を養い健康な雌鶏がうむ卵です(地方発送可)。
・E-mail
kaayani.farm@gmail.com
最北に暮らす › 日々の生活 › 普通なのか、きっと

2012年09月12日

普通なのか、きっと

無事南中ソーラン全国交流会in稚内での和太鼓参加が終わり、次なる出番のために気合い充分、練習少々で挑む予定だった当日。
ひどいどしゃ降りにて会場もステージも使えずやむなく中止。

長年続いた『里の市(悠遊ファーム/上勇知)』がこの日終了した。地域の農産物、木工品と出店が並び、手作り感満載のステージは大人も子どもも楽しんだ。
地元のお祭りというのはいろいろな意味で距離が近く、関わるほどおもしろい。

今年は冷夏、突然の大雨、お盆過ぎの暑さなど、なにやら不安定だった。
「寒いですね」「晴れが続かないですね」
挨拶がわりの言葉がけ。

店主とやっぱり天気の話。
「いや、これが普通かも」

6,7月はいつも寒かった。今年は7月にも薪ストーブを焚いた。お盆過ぎれば・・・、に関係なく8月後半から暑い日が多い。そして9月は雨が多い。

もう数年は続いている。
ドサンコのはずなのに本州の気候で考えてた?!
春夏秋冬、これは北へゆくほど当てはまらないことなのかもしれない。
ただ冬だけが長く居座り、一瞬の春、夏、秋を楽しむ。
まあ、冬あってこその楽しみなれど。














普通のこと、日々のこと。
綴り続けて2年と少し。
祝50号。

卵パック用紙の裏にまさかの農場主のつぶやき。
どれだけの人が知ってるかしら。

卵のこと、おいしさのこと、
それはもちろん。
鶏と関わる家族の日常。

普通に過ぎゆく日々、
これからも綴っていきます。


あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(日々の生活)の記事画像
災害は稚内でも。
看板あってこそ!
すぐ飽きちゃうけど
仕事中
思い出を胸に
BGM
同じカテゴリー(日々の生活)の記事
 災害は稚内でも。 (2016-09-10 23:37)
 看板あってこそ! (2016-07-07 21:11)
 すぐ飽きちゃうけど (2016-06-22 13:38)
 仕事中 (2016-05-30 11:28)
 てまひまの週末 (2016-05-08 21:23)
 思い出を胸に (2016-03-31 23:16)

Posted by カヤニファーム at 12:43│Comments(0)日々の生活
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
普通なのか、きっと
    コメント(0)